Information
*08/27[ Android / iPhone ] Wedding Anniversary 公開 → Android iPhone
★08/24[ web ]サイトリニューアルしてみました。
★04/01[ escape ]Gargoyles 公開
★10/13[ Android ]One Scene 2 アンドロイドアプリ版 公開
★07/08[ Android ]古代文字 AncientScripts アンドロイドアプリ版 公開
★06/18[ Android ]アンドロイドアプリ版 ボチボチ制作してます
★04/14[ escape ]Bear's Life2 公開
★12/27[ memo ]書きかけだけど、memo公開。アンドロイドアプリの作り方の自分用のメモです。
★12/22[ escape ]SnowDance2 公開
★11/20[ photo ]オリジナル多肉ポストカード 販売しています♪
★9/22[ escape ]OneScene7公開   
★8/22[ escape ]Balls公開   
★7/8[ interview ]bontegamesのBonteさんからインタビューを受けました。
英語だけど、良かったら読んでみてください♪ bontegames インタビュー
★6/18[ escape ] 花たちの詩公開   
★5/28[ WallPaper ] 「いなりん INARIN」壁紙配信中!! [ TYPE1 ] [ TYPE2 ]
スポンサーリンク
bontegamesインタビュー
Words 制作後記

ご訪問ありがとうございます。もうゲームはクリアできましたでしょうか?
もし未だでしたら、クリア後にでもお時間ございましたら、ご覧下さい♪

お正月でしたでしょうか。
テレビでリアル脱出ゲームをやっていまして、それを録画してみたんです。
初めて見たんですけど、あれは録画するものではないですね(笑)
リアルタイムで、どちらかというと、TVよりPCサイトを見ながら謎解きするのが正解みたい。
で、その番組を見て思ったのが、リアルとなると、言葉を使った謎解きが主流なのかなぁと。

昨年、私も体験型の脱出ゲームのシナリオを書かせていただいたのですが、PC版とはかなり違うなぁと感じました。
たしかに、道具を揃えたり、パネルをはめ込む装置なんて簡単に用意できませんものね。
PC版だと、装置どころか地下迷路も作れるし、インテリアも思い通り。
ファンタジーな演出もできるし、家丸ごと爆破だってできちゃう(笑)
でも現実となると、できるだけ低コストな仕掛け作りが必要ですし、
装置が作れないから、どうやって答えを判定すれば良いか?という問題もありました。
限られた空間に複数の謎を詰め込むので、次の謎解きへのフラグ管理も、難しいと感じました。
PC版だと、変数1つ作れば管理できますからねぇ。。。
そういう理由からか、クロスワードなど、言葉を使った謎解きが主になってくるのかなぁと思いました。

それで、PC版でも言葉を使った謎解きを作ってみようと考えたのが、Wordsを作るキッカケでした。
とはいえ、海外ユーザーも無視できませんので、言葉=英語という縛りがあり、簡単な英単語を使って作りました。

5つの英単語をベースに、あれやこれやと、いじくり倒して作った謎解きなので、
難しいといいますか、取っ付きにくいといいますか、スムーズに進まないと感じた方は多いかもしれません^^;


インテリアは、最初はモノトーンにしていたんですが、爽やかでポップな曲を選んだので、
少し色をつけて、脱出後の画像は、曲の雰囲気にあわせて加工してみました。
大抵は、ゲームの作風にあわせて選曲するんですが、今回は、この曲に一目惚れ(一聴惚れ?)しまして、インテリアを曲に寄せてみました♪


こんな感じで作りましたが、皆様に楽しんで頂けたら、嬉しく思います。
それでは、最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


2014/02/1 K