Information
*08/27[ Android / iPhone ] Wedding Anniversary 公開 → Android iPhone
★08/24[ web ]サイトリニューアルしてみました。
★04/01[ escape ]Gargoyles 公開
★10/13[ Android ]One Scene 2 アンドロイドアプリ版 公開
★07/08[ Android ]古代文字 AncientScripts アンドロイドアプリ版 公開
★06/18[ Android ]アンドロイドアプリ版 ボチボチ制作してます
★04/14[ escape ]Bear's Life2 公開
★12/27[ memo ]書きかけだけど、memo公開。アンドロイドアプリの作り方の自分用のメモです。
★12/22[ escape ]SnowDance2 公開
★11/20[ photo ]オリジナル多肉ポストカード 販売しています♪
★9/22[ escape ]OneScene7公開   
★8/22[ escape ]Balls公開   
★7/8[ interview ]bontegamesのBonteさんからインタビューを受けました。
英語だけど、良かったら読んでみてください♪ bontegames インタビュー
★6/18[ escape ] 花たちの詩公開   
★5/28[ WallPaper ] 「いなりん INARIN」壁紙配信中!! [ TYPE1 ] [ TYPE2 ]
スポンサーリンク
bontegamesインタビュー
One Scene7 制作後記

ご訪問ありがとうございます。もうゲームはクリアできましたでしょうか?
もし未だでしたら、クリア後にでもお時間ございましたら、ご覧下さい♪

今回は、いつもと違う感じで作ってみましたが、如何でしたでしょうか?
ヒントボタンも、どう操作するか?ということになるので、
もう、ヒントというより答えになってしまうから、ヒントボタンを無くしてみましたが、どうでしたでしょうか?^^;

暗号系がつづいたので、ギミック系のものを作ろうかと思いつつも、
脱出ゲームのプログラムって、ひたすらボタンをクリックしたときの処理を書いていくだけなので、
慣れてくると、プログラムとしては、あまり面白味がないんですよね^^;
かといって、あまり難しいことも出来ないんですが、もうちょっと、刺激が欲しいなぁ~などと、
ゴニョゴニョと考えながら作ったら、こんな感じになりました。

物理演算にも挑戦しようかと思ったんですけど、3Dの場合、影の描写があるので、
やっぱり1コマずつ画像を作らないと、Flashで被せました感がでちゃう。
ということで、的に球をぶつける動作も、物理演算など一切使わずに、ひたすら背景画像を再生・巻き戻しを繰り返すという、 なんとも、不自然で、お粗末なプログラムになりました。苦笑。
それでも、ドラッグ・長押し・右クリックなど、いつもと違うことができたので、楽しかったです^^

当初は上下の矢印を書いた扉は、マウスホイールで開ける予定だったんですが、
このマウスホイールって、かなりの曲者だったんです。
マウスホイールをまわすと、とりあえず扉が開くんだけど、同時にブラウザもスクロールされちゃって困る。
ということは、javascriptを使って、Flash上にマウスカーソルがある場合は、ブラウザのスクロールを停止させなくちゃいけない。
しかも、MacだとASのマウスホイールイベントを感知しないようで、これまた、javascriptで操作しないといけないとか。
ってなってくると、まだIE用に~といった感じで、ブラウザ対応しなくちゃいけないとか・・・。
それでも、おそらく実装することは可能だと思うんですが、私はMacを持ってなくて、動作確認ができないので、マウスホイールを使うのを諦めました。

コンテキストメニュー(右クリックで出るメニュー)は、最近は、Macでも出るようになってるみたいで、そのまま使いましたが、大丈夫だったかな^^;
一応、Macをお使いの方に聞いたり、電気屋に見に行ったりしたんですけど、Macのマウスが、ツルツルになっててびっくりしました。
マウスホイールもボタンもなくて、タッチパネルみたいになってるんですね。
中ボタンとか、どうするんだろう?
スマホもそうなんですけど、私って、どうもタッチパネルが苦手で、誤操作が多いので、あのマウスは使いこなせそうにないなぁ~。
マウス凝りもひどいので、やっぱり軽い有線を選んでしまう。
いや、単に、時代についていけてないだけかな・・・苦笑。

話が反れちゃいましたが、今回クリック以外のアクションを使ってみて、
改めて、ブラウザとか、OSとか、マウスとか、プラットフォームっていうのでしょうか?
こういうのは、私のような開発者のために、互換性を持たせて欲しいなぁと実感した次第です。
って、なんだか、制作の愚痴になっちゃいましたね^^;

それでは、最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。
また、遊びにきてくださいませ。

ロバミミ 管理人 K (2014/09/22)