ロバミミからのお願い
応援というお気持ちならば、広告をクリックしないようにして下さい。
お気持ちはとても嬉しいのですが、よろしくお願いいたします。

Information
*08/27[ Android / iPhone ] Wedding Anniversary 公開 → Android iPhone
★08/24[ web ]サイトリニューアルしてみました。
★04/01[ escape ]Gargoyles 公開
★10/13[ Android ]One Scene 2 アンドロイドアプリ版 公開
★07/08[ Android ]古代文字 AncientScripts アンドロイドアプリ版 公開
★06/18[ Android ]アンドロイドアプリ版 ボチボチ制作してます
★04/14[ escape ]Bear's Life2 公開
★12/27[ memo ]書きかけだけど、memo公開。アンドロイドアプリの作り方の自分用のメモです。
★12/22[ escape ]SnowDance2 公開
★11/20[ photo ]オリジナル多肉ポストカード 販売しています♪
★9/22[ escape ]OneScene7公開   
★8/22[ escape ]Balls公開   
★7/8[ interview ]bontegamesのBonteさんからインタビューを受けました。
英語だけど、良かったら読んでみてください♪ bontegames インタビュー
★6/18[ escape ] 花たちの詩公開   
★5/28[ WallPaper ] 「いなりん INARIN」壁紙配信中!! [ TYPE1 ] [ TYPE2 ]
スポンサーリンク
スポンサーリンク
bontegamesインタビュー
Gargoyles 制作後記

ご訪問ありがとうございます。もうゲームはクリアできましたでしょうか?
もし未だでしたら、クリア後にでもお時間ございましたら、ご覧下さい♪


ロバミミ初の長編になりましたが、如何でしたでしょうか?
大抵、作り始めたら一気に作っちゃうほうなんですが、今回は時間かかりました。
半年以上・・・構想からだと、一年くらいかかってるかも?
途中で詰りつつも、なんとか公開まで漕ぎ着けられて、開放感でしばらくボーッとしそうです。

その前に作ったBear's Life2が、かなり短かったので、今度はちょっと長めにしようと思って作り始めたんですが、
いろいろ考えていくうちに、マップがどんどん広がってしまって、気づいたらこの規模に。
これって面白いんやろか?と覚めた目で見たりしつつ、どうでしたでしょうか?
楽しんで頂けたらいいんですが・・・。


今回は、アイテムは全部で33個あるんです!
いつもはアイテム欄に固定で配置するんですけど、33マスも逆に見づらくなりそうだったので、取得順に追加して、
どこかに使用したアイテムはリストから削除するように変更しました。
なので、アイテム関連のプログラムを構築しなくちゃいけなくて、しかもオートセーブにしたもんだから、
「あれ?なんで出来ないんだろう?」の連続でした。

それに加えて、移動したときに残像が出る不具合が発生。
あれは、何が映っているかといいますと・・・
例えば、アイテムのある場面の場合、アイテムのない画像の上に、アイテムの画像を重ねて配置するんです。
「取得済みなら、アイテムの画像を非表示にする」という命令文を書きます。
通常は、この命令は即座に実行されるので、アイテムが取得済みなら、アイテム画像が他人の目に映ることはないんです。
でも、なぜか、今回は命令の実行が遅くなり、一瞬、アイテムの画像が見えてしまっているんです。
しかも、毎回ではなく時々なのが、また謎です・・・。

容量が大きいのが最大の原因かな?と思うのですが、ハッキリした原因は不明。
或いは、私のパソコンの老朽化が原因かもしれませんね^^;
当初はもっと頻繁に出ていたんです。
でも、どうしても気になるので、移動時の画像切り替え処理方法を見直してテストプレイしてもらうまでに完成していたのを作り直したりして。
多少はマシになったかなぁと思うのですが、結局、完全には直せないままの公開となってしまいました。
現象に遭遇された方、申し訳ございませんでした。


ストーリーと言えるほどの設定もなかったんですが、「ガーゴイルの秘宝を見つけて脱出する」という漠然とした状態で 「秘宝って何にしよう?」って思いつかないまま作ってました。
でも、不老不死の薬って、実際にあったら飲みますか?
自分で作っておきながらですが、私は嫌かも~!永遠に二十歳なら考えるけど。笑
シワシワのシミだらけ妖怪になっても、まだ死ねないなら嫌だわ。
それに自分ひとりだけとか、孤独すぎて考えただけでも恐ろしい。
もし、その薬が手に入ったとしたら、自分は飲まずに小分けにして売るかな。
儲かりそうやし、そのほうが人生楽しそう!って性悪でしょうか?笑


ガーゴイルにしたのは、RPGっぽくしたくて、RPGといえばモンスターじゃない?と思いまして、 定番の(?)モンスターって何があるかな?と考えて、思いついたのがガーゴイルでした。
古い西洋の建築では、ガーゴイルは雨どいの装飾にも使われてるから、RPGしない人でも知ってるかもしれないし、
愛嬌あっていいかも!と思った次第です。
ガーゴイルを知らなかった母には「あみだババァみたい」と言われました。苦笑
いや、母のあみだババァ像もよ~わからんのやけど・・・。笑

ちなみに、ガーゴイルのガーって、水のゴボゴボっていう音からきてるらしいです。
なので、水を使った仕掛けを主体にしてみました。


謎解きは、脱出ゲームに慣れてる人が少し考えて解るくらいにしたかったんですが、どうでしたでしょうか。
こういうのは、ひらめくか否かがカギとなってくるので、難易度の調整って難しいんですが。
間にアイテムを使うだけの仕掛けとか、集める要素とかで緩急をつけつつ、算数的なものも入れてみたり。
変化を楽しんで貰えるかなぁ?と思って、少し大掛かりな仕掛けを作ってみたり。
子供の頃の夢? 大きい蓮の葉に乗る!ってのをやってみたり。笑
あれ、パラグアイオニバスっていうらしいですね。漢字で鬼蓮なんだそうです。
大きめの植物園とかでは、実際に乗ったりできるイベントもあるみたいですよ。
さすがに体重制限(30kgくらい)があるようですが。笑

長めですし、マンネリにならないように気をつけたつもりですが、一人で考えて、チェックするのも自分なので、
偏りや不足があると思いますが、それでも楽しんで頂けたら嬉しく思います。


それでは、最後までお付き合い下さりありがとうございました。

2016年4月1日 K


あ!エイプリルフールだ。
宝くじも当たったことだし、パーッと世界一周でもしてくるかな。